ご準備いただく書類

必要書類一覧

弊社不動産買取サービス「買うハウス」に、お持ちの不動産を売却する時は、あらかじめ以下の書類をご用意していただくことをお願いします。

項目 マンション 一戸建て 土地
本人に関する書類 (全員分) 身分証明書
印鑑証明書
実印
住民票
銀行口座書類
ローン残高証明書
不動産に関する書類 売買契約書
権利書(登記済証)
建築確認通知書/検査済書 ×
耐震診断報告書
建築設計図/工事記録書 ×
固定資産税納付書/固定資産税評価証明書
土地測量図面や建物の図面 ×
管理規約書/使用細則

身分証明書

運転免許証やパスポートなど、本人を照明できるものをご用意ください。共有者がいる場合は全員分必要となります。

印鑑証明書

引き渡し時点で発行から3ヶ月以内のものをご用意ください。共有者がいる場合は全員分必要となります。

実印

共有者がいる場合は全員分必要です。

銀行口座書類

売買代金のお振込口座となります。

ローン残高証明書

住宅ローンをご利用の場合、ローン残高の照明として必要です。
※銀行など、借り入れ先との手続きに1週間以上必要となります

売買契約書

必須ではありませんが、あると助かります

権利書(登記済証)

物件の所有者を証明するものとなります。
平成17年(2005年)3月7日以降、「登録識別情報」という名称になっております。

建築確認通知書/検査済書

一戸建てや土地の売却に必要となります。戸建の建築が適法に建築されたことを証明するものとなります。

耐震診断報告書

築年数が古く、新耐震基準導入前(1981年6月前に建築されたもの)に建築された不動産には書類の提出を求められることもあります。

建築設計図/工事記録書

一戸建てや土地の売却時にあると査定額に影響します。

固定資産税納付書/固定資産税評価証明書

固定資産税の確認をするために必要となる書類です。

土地測量図面や建物の図面

管理規約書/使用細則

マンションの売却時にご用意ください。

購入時のパンフレット

物件を知る材料となります。

必須ではない書類についても、ご準備いただくと査定額が上がることがあります。
物件内部の状態(リフォーム済みなど)は基本的にはこちらでは知ることが困難なため、最初の査定額では低いことが多いです。
しかし、リフォーム済みなど、購入後の状態を知ることで査定額も変わります。

お気軽にご相談ください

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする